交通事故

  • HOME »
  • 交通事故

その痛み、適切な治療はできていますか?

事故治療は医療機関で差がでます。
交通事故に遭われた方、当院の治療内容が合うか一度お試しください。
交通事故治療指定医療機関の当院が一緒に解決いたします。

 

実際の手続きと治療の手順

まず、お電話か当院受付にて『交通事故後の治療を受けたい』とご相談下さい

交通事故による負傷は医師の診断が必要となります。
医師の診察を受診したか確認し、まだ病院(整形外科)へ行っていなければ、医師の診察を受けてきて頂きます。

※まだ病院へ行っていない方にも、事故後の流れをわかりやすくお教えし、提携病院の紹介なども致しますので、まずはご連絡ください。

相手の保険会社の担当者へ、『当院で事故後の治療をお願いしたい』と言って頂きますと、担当者の方から当院へ連絡があり治療スタートとなります。

※当然、患者様の窓口負担(治療費)は一切掛りません。
※後の事務手続きなどは当院が適切に処理いたします。

その他、わからないことなどございましたら、お気軽にご相談して下さい。

交通事故後の症状・治療

交通事故が原因の痛みは長引いたり、後から症状が出てきたりするので軽く考えず何でもご相談して下さい。
交通事故に遭った場合、一番大事なことは、「早い段階で治療をする」ことです。
交通事故では、日常の怪我では痛めないような部分もダメージを受ける事が多く、放置すると痛みや機能障害、2次的障害(肩こりや腰痛など辛い慢性症状)へと発展する事もあります。

※後から出てきた症状などに関しても、提携病院での受診やアドバイスは常に行っていきますので、
ご安心して通院して下さい。

当院では交通事故後遺症にも対応した治療をしています

当院では交通事故によるむち打ちの治療も行っております。
交通事故の後遺症は、臨床上かなり多く、放置すると痛みや機能障害から2次的障害を引き起こす事があります。
早期にきちんとした対応と、症状が完治するまで治療される事をおすすめします。

交通事故による後遺症

むち打ち症 (頚部捻挫)は交通事故による後遺症としては高い確率で発生し、治療期間中や後遺症にも大きく影響致します。
治療経過が思わしくなく症状が次第に慢性化するケースも少なくありません。

交通事故による後遺症の特徴は、受傷直後にはあまり症状が出ないことです。
受傷直後の検査で異状が認められない場合でも、数日経過して腫れや、痺れとともに、むち打ち症の自覚症状が首や背、腰など広範囲に出ることがあります。
目に見えるひどい外傷がなくても、倦怠感やだるさ、頭痛や吐き気、不眠症状などで悩まされることが非常に多いのです。

静止画像では異常が無くても、関節を動かしてみるとあきらかに異常がわかります。

その場合は放置せずに、きちんとして治療をしておかないと、5年・10年後に大きな後遺症を残します。

自賠責の場合は、 病院に通院しながら当院で治療を受けることも可能です。
当院で治療を受け、病院で定期的に検査などを行い、経過観察をしていくことも可能です。

交通事故の後遺症に不安があるようでしたら、高い技術の手技治療を受けてしっかり完治させることが最前の策と思われます。

自賠責保険ではケガに対して1人120万円を限度に支払われる事になっています。
この限度額には治療費・慰謝料・休業保障・交通費が含まれていますが、入院、手術等の重度の場合を除き、接骨院で十分時間をかけて治療を受ける事が出来ると思います。

※保険会社の担当者によって早期に終了させようと話を進めてくる方もいますので注意しましょう!

労働災害保険(通勤災害・業務災害など)*自己負担金なし

労働中に負傷した場合や、職場への通勤途中に負傷した場合に適用されます。
治療費は全額支給となり、自己負担はありません。
「柔道整復師用」の労災用紙(お勤め先の労災担当者にお尋ねください)をお持ちになってご来院下さい。
労災用紙がない場合など、ご不明な点は当院(電話または受付窓口)へお気軽にお尋ね下さい。

お気軽にお問い合わせください TEL 03-5485-2323 診療時間10:00~20:00(最終受付19:30)昼休憩なし(土日・祝日除く)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.